ネイリストの給料は、どう決める?

これは最初の内に決めておく必要がありますよね。

ネイリストを雇う前ですね。

そうでなければ曖昧な感じになってしまいますからね~。

後々、問題になるので給料体系は最初に決めておきましょう。

ネイリストにもウソ無くきちんと最初に伝えましょう。

完全歩合制なのか?

固定給+歩合給なのか?

固定給のみなのか?

残業代は?

その他手当は?

ボーナスは?

お金の事は、最初にしっかりとお互い納得してから

雇用契約を結びましょうね。

 

これ、本当に大切なんです。

ネイルサロンって結構ブラックな部分が多いので

問題になっているサロンが多いんです。

 

 

オーナーなのでネイリストに給料を払う事になりますよね~。

最初はどんなオーナーでも初めての経験です。

スタッフに給料をあげるなんて!

ドキドキしますよねー。

自分が従業員に給料を渡すんですよー。

いや~、人間って成長しますね。

今まで給料を貰っていた人が

給料を渡す側になるわけですからね~。

 

 

経営者1年目はペーペーです。

経営者と言っても

レベルがあります。

ネイルサロン開業1年目のオーナーと

ネイルサロン開業10年目のオーナーとでは

レベルが違います。

皆さん、色々な苦労をしながらレベルアップしていくものです。

最初は失敗もあるでしょう。

最初から上手く出来る人なんていません。

でも真面目にやっていけば大丈夫です。

 

1番いけないのは、

ペーペーオーナーのくせに偉ぶる事です。

オーナーだからと言って偉い訳ではありません。

 

偉ぶった態度をとってしまうと

ネイリストはあっという間に辞めていってしまいます。

1人ずつ辞めるならまだしも、

まとめて辞められたら

ネイルサロンを閉店しなければいけないという状況になりかねません。

まあ、これもネイルサロンのあるあるなんですけどねー。

ネイリスト達が、結託して一気に辞めてしまうという最悪な事。

かと言って

甘やかしすぎもダメですよね。

この辺の距離感は難しいんですが・・・