開業届け

ネイルサロン開業時の届け出って必要?

image6
 

ネイルサロンを開業する時に

届け出はどこに出すのか?

う~ん

それは

必要ありませんよー。

ネイルサロンを開業するのに

届け出は必要無し!

だから大丈夫。

「今日からネイルサロンを始めます。」

と言えば

それでOKです。

いつでも

お客さんを呼んで施術できます。

でも、

まつ毛エクステはダメですよー。

あれば

美容師免許を持っている人しか

施術をしてはダメですからねー。

もし、

ネイリスト資格しか持っていないのに

施術を行ったら

最悪、逮捕されちゃいますからねー。

まあ、刑務所に入る事は無いと思いますが。

 
マツエクは、確かに儲かります。

が、リスクも大きいので

ネイルサロンではやらないほうが良いと思います。

もちろん

美容室や、専門店でも同じなのですが・・・

やはり、目の周りは危険がいっぱいですからねー。

ちなみに

届け出では無いのですが、

税務申告は、

税務署で行う必要があります。

ネイルサロンを開業すると言う事は

商売を始めると言う事です。

そこにはお金の流れが発生します。

と言う事は

税金も発生します。

面倒でもちゃんと申告しましょうね~。

出来れば

顧問の税理士さんを付ける事を

おすすめします。

税金の事は

その道のプロに任せた方が

良いですよー。

税理士さんを見つけるのが難しいなら

こちらのサイトで

⇒税理士.com

自分に合った税理士さんを

無料で見つける事が出来ますので、

参考までに~。 

 

ネイルサロンの開業届けって必要?

image3

 
ネイルサロンを開業する為に

「開業届け」は必要か?

う~ん

これは・・・

実は・・・

不必要なのだー。

というか、どこに出せばいいの~?って感じ。

ネイルサロンに関しては、

開業届けを出す必要は無い。

「今日から、ネイルサロンを始めます~。」

って宣言した日から

開業した事になりますね~。

その辺りは、適当な感じです。

まあ、美容室とは違いますからね~。

美容室の場合は

保健所の許可証が必要になります。

許可が下りなければ

営業する事が出来ないんです。

が!

ネイルサロンは

必要無し!

良いですね~。

ネイルサロンは。

まだまだ、新しい業種なのでね~。

でも、1点。

税金関係に関しては

書類の提出が必要ですねー。

税務署です。

ネイルサロンを営業していると

いう事は

お金が出入りしていると言う事です。

そこには

税金の話が絶対出てきますからね~。

こればかりは

避けては通れないです。 

できれば早いうちに、

税理士さんと顧問契約を結んでおいたほうが

良いですよー。 

申告の時に慌てて書類整理をすることになるので。

お金も余計にかかってしまう事もありますのでね~。

⇒自分に合った【税理士さん】を紹介して貰う 

201210011605203749