クレーム

ネイルサロンでのクレーム対応

自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!



image

ネイルサロンを経営していると、やっぱりあります。

クレーム。

こればかりは仕方ないですね。

また、客質によってはかなり悪質なケースもあります。

もちろん、こちら側のミスなら素直に謝るべきでしょう。

でも、そうではない場合もあります。

これが厄介なんです。

ケースとしては、

・デザインが気に入らないから返金しろ

・ちょっと施術時間、待ち時間がおすと、「時間分の慰謝料を払え。」

・爪が荒れたから、治療費を払え!

‥など。

もちろん、こちらのミスなら治療費などは支払います。

その場合、その場で払うのではなく、

診断書などを貰ってきた場合のみ支払うようにします。

治療費詐欺なんてありますからね~。

ちなみに、保険には入っておいたほうが良いですよー。

やっぱり、安心ですから。

悪質なクレームについては、

私の場合、反応しないようにしています。

相手は、反応次第で次に何をするか判断しますので。

しかし、無反応なら相手はどうしようも無いのです。

「警察に行くよ!」

「訴えるよ!」

って言われても無視です。

そもそも、警察に行っても警察は事件でもなければ対応しません。

民事不介入ですからね。

逆に相手側が暴れたり、脅し文句を言うようなら、こちら側が警察に行きましょう。

・暴行、器物破損、恐喝などに値しますので。

また、訴えると言われても、大して慰謝料を取る事も出来ませんのでご安心を。

相手側は、時間も無駄になります。

訴えるという事は、裁判所に訴える訳ですよね。

そして、どちらが間違っているか?判断してもらう訳です。

で、こちらに過失があるか無いか、判断してもらう訳です。

どう考えても、過失がなければ慰謝料を支払う必要もありません。

それに、「支払う」という判決が出ても、

たかが知れています。

高くても、数万円程度です。

相手に掛かる負担は、慰謝料以上のモノになりますからね。

弁護士費用や、裁判所に通う手間、時間。

それに、

「訴える!」

って言う人に限って訴えませんから大丈夫ですよ。

訴えても、損するのは相手ですからね。

まあ、とにかく面倒な客っています。

というか、そんなややこしい感じになっている時点で客ではないのですがね。

自分のお店に、

この様な変な客を呼び込まな為にも、

ホットペッパーなどに広告を出してダメですよー。

安い客が増えると、面倒も増えます。

安い客のほうが、うるさいですからね~。

これは、あなたも分かっていると思います。

逆に良質なお金持ちの客を増やす方法を考えましょう。

すぐにドッと増える事はありませんので、

しっかりと徐々に増やしていきましょう。

やっぱりネイルサロンは紹介制が良いと思いますよー。

良質な客は、ネイルサロン繁栄に大きく貢献してくれますからね。

自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!



嫌な客に時間と労力を使うくらいなら、自分の好きな客に時間と労力を使おう~。

仕事も楽しくなければ続けられない!!

c6a5fdd559941ccfcbf5174c448f69bc_s

そりゃ~ネイルサロンを経営していたら、

嫌な客も来ますよ。

私も人間です。

嫌な客は、素直に嫌だと思っちゃいます。

私は 経験上 自分に合わないと思ったお客さんは一生 自分には合わないと思っちゃうタイプです。

どんなに一生懸命そのお客さんに尽くしてもお客さんには響かない。

もちろん、やり続ければ響くと思いますよ。

でも、その労力を自分に合うお客さんに注いだほうが結果として利益増って感じですね。

まあ~、ネイルサロンをビジネスと考えるなら、

効率的に売り上げをUPさせる事ができるほうが良いですよね。

私はそう考えます。

「お客さんの為に奉仕します!」

って言っている人って結果、お店の経営がダメになってしまい、

顧客に迷惑をかける事になるんです。

ネイルサロン経営という、商売をしているなら、

売上をしっかりとあげる事がお客さん、雇っているネイリストの為なんです。

結局、お金です。

お金が無くなれば、すべてを失いますからね。

まあ、そんな感じで嫌な客に自分のパワーと時間を使うよりも、

好きなお客さんに自分のパワーと時間を使ったほうがお金を稼ぐ事が出来ます。

8:2の法則です。

2割のお客さんが、お店の売上の8割を作ってくれるんです、って話です。

パレートの法則ですね。

 

ネイルサロンのイチャモン系へのクレーム対応

image3

ネイルサロンのクレーム対応

ネイルサロンをやっていると

やっぱりクレームは出ます。

これは仕方がない事です。

とは言っても

クレームにも2種類ありますよね。

お客さんがお店の為に言ってくれるありがたいクレーム。

と、

ただのイチャモン的なクレーム。

お客さんがお店の為に言ってくれるクレームは、

本当にありがたいのでそこは素直に改善すればいいでしょう。

「ありがとうございます。」という気持ちで。

しかし!

タチが悪いのが、イチャモン的クレームです。

なんですかね~。

あれって。

特にネイルサロン業界には多いと思います。

いわゆる嫌がらせ。

他のネイルサロンからの刺客でしょうか?

どう考えても そのようにしか思えない。

イチャモンの付け方がプロっぽいんですよね。

ネイルのやり直しとかじゃなくて、

ほんのりとお金を請求して来る場合もあります。

面倒ですよね。

こういうお客さんは、

最初から予約を取らないのが一番良いのですが、

分からないですもんね。

残念ながら。

この様な人のクレーム対応をすると

心底疲れますしね。

私の場合は、基本的に事務的に処理するようにしています。

決して感情的にならずに

無理な事はムリとしっかりと、

はっきりと伝えます。

こちらが弱腰になると

どんどん攻め立ててきますので。

相手は、お金を払うお客さんではないので、

そこはガンガンやり合って良いと思いますよ。

それも冷静に。

イチャモン系のクレーム対応は、

とにかく毅然とした態度で、

弱腰にならない事です。

絶対にお金なんて払ってはダメですよ。

こちらからお金を せびろうとしている人は

お客さんではないので

丁寧に対応する必要もありませんしね。