ネイリストを雇わずに1人で営業している方が気が楽なのは確か。でも、ネイルサロンとしては儲からない・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネイリストを雇う際に注意する事。

9d07922fb9d59f3ad33d3389c2213c5f_s

一度、OLや一般職として

働いた経験がある

ネイリストさんなら

あまり問題はありません。

むしろ、社会経験があるので

経営者側としては

とても使いやすいと思います。

一般的な常識を身に付けているので。

しかし!

18歳からネイリストとして

働いている若いネイリスト。

技術力はあるのですが、

やはり接客向きではない方が

多いのも事実。

ネイリストには、2種類あります。

・ギャル系ネイリスト

・お姉さん系ネイリスト

私は、お姉さん系ネイリストのほうが好きです。

個人的にはですけどね。

もちろん、お店の雰囲気もそっち系です。

非常識な人に、

常識を押し付けるのは

私自身は好きではなのですが、

一応、接客業なので

経営者からしてみれば

ちゃんとやってくれよ~と思うワケで。

(常識って人によって変わるので、この辺は難しい部分ではあります。)

まあ、ちゃんとやらせるのが

経営者の仕事なのでしょうが・・・

私には、

大人になった人間を

教育するだけの能力はありません。

むしろ、

18歳を過ぎたあたりから、

もう何を言っても

根本的な部分は変わらないと思っています。

納得して貰う事なんて無理ではないでしょうか?

そりゃ~元々、尊敬されている立場の人間なら良いのでしょうが、

所詮、雇い主と雇われ人。

赤の他人ですからね。

ですので、

出来るだけそのような

スタッフは雇わない様に気を付けています。

特に面接の時は気を付けて

観察します。

1度雇ってしまった場合、

簡単には解雇出来ませんからね。

本当に変なスタッフが1人

入るだけで

お店はあっという間に傾きますからね~。

特に小さなネイルサロンなどの場合は・・・

面倒なスタッフってどこのサロンにも

いるんです。

はああ、それを考えると

スタッフなんて雇わずに

自分1人で営業していれば

気が楽だろうな~と思いますよー。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。