2016年 12月 の投稿一覧

ネイルサロンの儲かるターゲット客層はここ!

image8

儲かる客層は決まっているよ

結局、儲かる客層は決まっているんです。

それは年配層です。

 

50歳以上の女性をターゲットにすると、

ネイルサロンは儲かります。

正直、若い女性をターゲットにすると、

経費と労力だけ使って、

たいして儲かりません。

 

精神的にも疲弊してしまいますからね~。

 

やりたい、やりたくない、は別にして

最初は、とにかくお店に利益が残る様に経営する事をお勧めします。

 

その為にも、


お店のターゲットとする客層
は、


50歳以上の女性
にすると

儲かりやすくなりますよ。

 

結局、時間とお金がある人って、

この層になるので。

 

田舎でネイルサロンを開業したい

271f58088fdf3aa7536bde3dff088024_s

田舎でネイルサロンを開業

都会でネイルサロンを開くよりは、

田舎で開いたほうが開業資金は掛かりません。

まあ、当たり前の事ですが。

開業資金は掛からないかわりに、

新規客の集客には苦労すると思います。

ざっくり言うと、広告宣伝費にお金が掛かると言う事です。

田舎は、都会と違って人口が全く違います。

更に、ネイルに対する意識も全く違います。

そもそもですが、ネイルサロンに行くという習慣すらありませんからね~。

この辺りが、美容室と違う部分でしょうか。

美容室は、日本全国どこでも需要が確実にありますので。

もし、田舎のネイル需要を掘り起こす事が出来れば、

一人勝ちする事が可能です。

その為にも、広告宣伝はとても大切になるんです。

具体的にどのような宣伝を行うか?ですが・・・

最初は、インターネット広告を使うと良いでしょう。

インターネット広告とは、

ヤフーの検索サイトに広告を出すというイメージです。

田舎でも、スマートフォンの普及により、

検索機能は、使われていますので。

勝てるネイルサロン経営

なぜ、ネイルサロン経営は厳しいのか?

正直、ネイルサロンの経営はどこも大変です。

では、なぜ大変なのか?

その答えは、とてもシンプルです。

ズバリ!

ライバルが多すぎるからです。

考えてみて下さい。

日本にネイルサロンが1店舗しか無かったら、

絶対に儲かりますよね。

しかし、現実は?

はい、自宅ネイルサロンも入れると、想像もつかない店舗数になります。

そして、自店舗以外は全てライバル店と言う事になります。

ネイルサロンに行くお客さんの数は限られています。

決して多くはありません。

その少ないパイを皆で取り合っていると言う事なのです。

これでは、どこのお店も売り上げが上がりませんよね。

どうすれば勝てるネイルサロンを作る事が出来るのか?

これも答えはシンプルです。

他のネイルサロンよりも高いレベルのお店を作る事が出来れば

勝てます。

まあ、当たり前なのですが。

どんぐりの背比べの中で戦っていてはダメです。

とにかく、

突き出さなければ今のネイルサロン業界で生き残っていくのは本当に大変です。

他のお店と同じような事ばかりやっていては生き残れませんよ。

ベルタ酵素ドリンク 

 

開業資金は出来るだけ抑える!

今から自分でネイルサロンを開業する方に、

これだけは言いたいです!

「ネイルサロンを開業するなら、出来るだけ低資金で始めて下さい!」

と。

本当にこれは、今、思っている事です。

特にネイルサロンなんて、

開業資金がほとんど必要な業種なので、

わざわざ無駄にお金を遣う必要なんてありません。

開業資金を出来るだけ抑えて、

運転資金に回す!

これがとても重要です。

開業資金にお金を遣い過ぎると、

後々、お金が無くなてしまい、

ネイルサロン経営が成り立たなくなってしまいますので。

お店をお金を掛けてどんなに豪華にしても、

そこから売り上げは発生しませんのでね~。

もし今、開業資金として

100万円あるなら、30万円で開業して、

残りは運転資金として残しておきましょう~。

→ネイルサロン開業時に必要な設備が格安で手に入る!
bandicam202015-11-022002-52-14-907