2016年 9月 の投稿一覧

ネイルサロンを開業するならこの1冊!

image2

とりあえず、

ネイルサロンを開業する為の情報は載っています。

愛されるネイルサロンの作り方―ネイル好き!を仕事にしたいすべての女性たちへ

木下 美穂里 東邦出版 2013-06
売り上げランキング : 715055

by ヨメレバ

参考になると思いますよ。

まあ、あくまでも成功体験的な事しか書いていませんがね・・・

ネイルサロン経営も、結構 大変だったりしますから~。

 

ネイルサロンでのトラブル~たまに嫌な客もいます・・・

image14

実際にあった話。

1人のお客さんが予約をして来店。

1人のネイリストが担当。

そして、

しばらくすると、

担当ネイリストがバックルームに逃げ帰ってきた。 

お客さんから、物凄いプレッシャーを掛けられ、

耐えきれなくなって逃げてきたそうな・・・

どうしようも無いので、責任者である私がお客さんの元へ。

怒っているお客さんを前にすると、やはり焦ってしまうね。

とりあえず平謝り。

お客さんは、

「わざわざ来たのに!私の時間を返して!損害賠償モノですよ!」

と言ってきた。

あああ、この手のタイプか。

たまにいるんですよね。

特にネイルサロン業界には多い気がします。

お金を取ろうとやってくる目的の人。

まあ、もちろんお金なんて払いませんけど。

どこのネイルサロンに行っても同じ様な事をやっているんだろうね。

これがその人の仕事なのだろうから・・・

・時間を返して!

・誠意を見せて!

・損害賠償だ!

って言ってくる人は完全にアウトです。

基本的に、話には付き合わない事ですね。

とっととお帰り頂くのが得策。

こういう人って、変なところだけに頭を使うからタチガ悪いんです。

そんな人だと分かれば予約も取らないのですが、

最初から分かるはずもなく・・・

たま~にあるこのような面倒臭い事で、

ネイリストの心が折れないかが心配です。

どんなに良い事があっても、

悪い事が起こればあっという間にマイナスに陥ってしまいますからね。

人間の心なんてそんなモノです。

商売をしていると、このような事もあります。

悲しい事ですが。

ネイルサロンの理想的な集客方法は、

最終的には、完全紹介制だと思っています。

あくまでも最終的にはですけどね。

 今後は、お店側もお客を選ぶ時代になってきますよ。

誰でもwelcomeってやっているお店の方が、続かなくなりますからね。

 

ネイルサロンの材料費が高すぎる件

image9

しばらく、ネイルサロンを運営していると、

「意外と材料費って掛かっているな~」って事に気付くんですよね。

一番、お金を遣っているのが

やはり

ジェル。

GELです。

ベースジェル、トップジェルは、大切なのでそれなりにしっかりとしたジェルネイルブランドの物を使うべきでしょう。

ネイルアートのモチが違ってきますからね~。

でも、カラージェルってどうでしょうか?

image10

結局、ベースジェルとトップジェルに挟まれて硬化するわけなので、色さえちゃんと発色してくれれば何でも良いと思いませんか?

って私は思ってしまいます。

無理に値段の高いバイオジェルやカルジェルで揃える必要もないと思っています。

普通に考えて値段が高すぎますからね~。

まあ、経営者ならその辺は色々と考える事もあるでしょう。

人それぞれですからね。考え方は。

実際、私のネイルサロンでは

ベースジェル と トップジェル は、BIO GEL を使っています。

images

しかし、カラージェルに関しては値段の比較的安いEKONAILを使っています。

特に何の不満もありませんし、むしろいい感じに仕上がっているな~って感じるほどです。

ネイルサロンで最も多くのお金を遣うジェル。

ちょっと考えてみても良いと思います。

ネイルサロンの材料費ってなかなか高くつきますからね~。

image11

 

ネイルサロンを開業するだけなら誰でも出来る!

image

ネイルサロンをオープンさせても

お客さんが来なければ意味ないですよねー。

というか、売り上げが立たないので

あっという間に閉店。

な~って事に。

今時、お店を出しただけでは

お客さんは絶対に来ませんからね~。

当たり前ですが。

ネイルサロンを出店したら、

とにかく集客に力を入れるんです。

まあ、どの商売も同じなのですがね。

全てはお客さんを集める事!

これが一番大事です。

では、どうやって集客するのか?

その方法は知っていますか?

もし、集客について全く分からないなら

こちらの記事を少しご覧ください。

⇒ネイルサロンの集客術

 

店舗物件を借りる時の注意点!

image6

物件を借りる時に注意する事!

ネイルサロンを開業する場所って決まりましたか?

良い物件、見つかりましたか?

で、勢いですぐに不動産契約をしてはダメですよー。

不動産屋さんに急かされても!

彼らは、早く契約を結ばせようとします。

お金が早く欲しいですからね~。

不動産契約をする時に、大きな保証金などが入ってきますので。

046025

物件を借りる時、

こちら(ネイルサロンオーナー側)としては、


「他にも目星をつけている物件がありますので。」

という態度で臨んでおいたほうが良いですよ。


「絶対にここを借りたいんです~。」

って感じの下からお願いするような事をしては絶対にダメです。

不動産屋さんにとって都合の良い様に操られてしまいますので。


「ここは人気物件で、すぐに埋まってしまいますので、早めに手付金を入れておいたほうがいいですよ~。」


とか言ってきます。

あと、家賃交渉ですね。

いきなり、不動産屋さんの言い値で契約してはダメです。


「他にも安くて良い物件を見つけてますのでまだ決めかねます。」

的な事を言いながら、

値下げ交渉を行いましょう。

ff4fbf67f30c33c17ae71dc7ec362e29_s

不動産屋さんとしても、早く空き物件を埋めたいんです。

店舗物件なんて、かなりの人気エリアでもない限り簡単に埋まる事は無いので。


不動産契約をする時は、とにかくこちらのペースで物事を運ぶようにしましょう。

不動産屋さんのペースにはまると、本当に損する事になりますので。

大きなお金が動きますのでね~。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

ネイルサロン閉店します・・・

image2

なぜネイルサロンはすぐに潰れてしまうのか?

理由は簡単です。

運転資金が無くなってしまうからです。

運転資金が尽きると

・家賃を払う事が出来なくなります。

・雇っているネイリストに給料を払う事が出来なくなります。

・ネイルの材料を買う事が出来なくなります。

・光熱費も払えなくなります。

・広告費も払えなくなります。

運転資金が無くなってしまうと、

お店はそこで終了です。

なぜ運転資金が無くなってしまうのか?

これも簡単な事です。

売上が上がらないからです。

毎月赤字だと、運転資金がドンドン減っていきます。

毎月の赤字経費の補てんは、

運転資金から支払われる事になりますからね。

元々、運転資金が少ない場合

お店が潰れるスピードが上がります。

半年ももたない事だってあります。

そうならない為に出来る事

運転資金は出来るだけ多く持っておく事。

そして、固定費を出来るだけ抑える事。

もちろん、売り上げを上げる事が第一ですけどね。

それが出来るどうかは、経営者次第です。

余計な事かもしれませんが、一言

ネイルサロンを開業する事は簡単です。

しかし、長く経営し続ける事は本当に大変です。

特に今後、

ネイルサロン業界は更に大変な状況になっていきます。

一過性の売上だけを求めずに、

定期的に来店してくれる、

お店の顧客を数多く作りましょう。

ネイルさろんは、顧客の数次第です。

多くのお客さんに支持されるお店を作る事が

ネイルサロンを成功させる唯一の方法と言っても良いでしょう。

ネイルサロンを開業する物件なんてどれでもいいでしょー。

image5

ぶっちゃけ、

ネイルサロンを出店する物件って

どれでも良いと思います。

大切な事は、

人が集まりやすいか?

と言う事なので。

まあ、街中のほうが良いと言えば、

良いですよねー。

家賃は多少高めになりますけど。

片田舎でネイルサロンをやると言う手もありますが、

なかなかお客さんを集めるのは大変そうですから。

ちなみにネイルサロンは、

大量の電気も水も使わないので、

大きな工事が必要無いんです。

これが良いんですよね~。

本当に。

美容室の場合は、

ガス、水道、排水、電気、工事にお金が掛かるみたいですよ。

どれも大量に遣いますからね~。

やっぱり、

ネイルサロンは初期投資が

少なくて済みます。