2016年 5月 の投稿一覧

Yahoo(ヤフー)に広告を出して今日中に新規客を1人獲得する!

ヤフー広告

ヤフー広告

今日中に新規客を獲得するには?

それは

やはり

ネット広告しかないですね~。

紙の広告や、クーポン雑誌では絶対に無理ですが

ネット広告ならそれが可能なんです。

簡単に言えば・・・

Yahooに広告を出すと言う事です。

yahooは、日本一見られている超大型サイトです。

そこに広告を出すんです。

もちろん、YahooのHPに広告を出すワケではありませんよ。

説明します。

今の時代

何の目的でネットを使いますか?

どんな情報を集めるにしても

「検索」機能を使うと思います。

まさにこれです!

「検索」です。

あなたのネイルサロンがある地域で

ネイルサロンを探している見込み客がいるとします。

その人はどのようにしてネイルサロンを探すでしょうか?

答えは・・・

簡単ですよね?

スマホやPCで

Yahooの検索窓に

「地域名+ネイルサロン+おすすめ」

と入力して検索するはずです。

そして画面に

検索結果がバ~っと出てきますよね。

そこの一番上に表示されているのは

実は広告なんです。

しかし、検索者はそこが広告だろうが何だろうが関係ありません。

上に表示されたリンクをクリックするんです。

なぜなら

自分が探している情報だからです。

「地域名+ネイルサロン+おすすめ」

と入力して

検索した結果

表示された情報の中で

最も上にあるリンクは

最も信用度の高いものだと検索者は思うのです。

そして、そのリンク先を

自分のネイルサロンのホームページやブログに設定しておけば良いのです。

これで、見込み客を1人ゲットです!

本当に来店してくれるか?くれないか?

は、ホームページやブログの内容次第と言う事。

しかし、まあ、とりあえず見込み客をゲットできただけでもOKなんです。

認知されただけでもOKとしましょう~。

なぜなら、ここまでの流れが一瞬で出来ちゃうからです。

紙の広告、ホットペッパー、クーポン雑誌、などではこうはいきません。

絶対に無理ですよね?

この様な広告媒体では、すぐに他のネイルサロンと同じように埋もれてしまいます。

非効率です。

これからの集客方法

まさにヤフー広告なんです。

これはもう間違いありません。

ネット広告を制する者が

商売を制するんです。

広告費を最大限に抑えながら

最大限に集客する事が出来る唯一の方法なんです。

ホットペッパービューティーに広告を掲載するぐらいなら

ヤフー広告に出稿したほうが断然効果的ですよ。

びっくりするぐらいの反応ですからね~。

ネイリストの給料~どうやって決める?

ネイリストの給料は、どう決める?

これは最初の内に決めておく必要がありますよね。

ネイリストを雇う前ですね。

そうでなければ曖昧な感じになってしまいますからね~。

後々、問題になるので給料体系は最初に決めておきましょう。

ネイリストにもウソ無くきちんと最初に伝えましょう。

完全歩合制なのか?

固定給+歩合給なのか?

固定給のみなのか?

残業代は?

その他手当は?

ボーナスは?

お金の事は、最初にしっかりとお互い納得してから

雇用契約を結びましょうね。

 

これ、本当に大切なんです。

ネイルサロンって結構ブラックな部分が多いので

問題になっているサロンが多いんです。

 

 

オーナーなのでネイリストに給料を払う事になりますよね~。

最初はどんなオーナーでも初めての経験です。

スタッフに給料をあげるなんて!

ドキドキしますよねー。

自分が従業員に給料を渡すんですよー。

いや~、人間って成長しますね。

今まで給料を貰っていた人が

給料を渡す側になるわけですからね~。

 

 

経営者1年目はペーペーです。

経営者と言っても

レベルがあります。

ネイルサロン開業1年目のオーナーと

ネイルサロン開業10年目のオーナーとでは

レベルが違います。

皆さん、色々な苦労をしながらレベルアップしていくものです。

最初は失敗もあるでしょう。

最初から上手く出来る人なんていません。

でも真面目にやっていけば大丈夫です。

 

1番いけないのは、

ペーペーオーナーのくせに偉ぶる事です。

オーナーだからと言って偉い訳ではありません。

 

偉ぶった態度をとってしまうと

ネイリストはあっという間に辞めていってしまいます。

1人ずつ辞めるならまだしも、

まとめて辞められたら

ネイルサロンを閉店しなければいけないという状況になりかねません。

まあ、これもネイルサロンのあるあるなんですけどねー。

ネイリスト達が、結託して一気に辞めてしまうという最悪な事。

かと言って

甘やかしすぎもダメですよね。

この辺の距離感は難しいんですが・・・

ネイリストを雇う。|求人広告の出し方

ネイリストを募集する

お店の規模にもよりますが

ネイリストを雇う必要がある場合もありますよね。

1人で営業をするなら問題はないと思いますが

席数が3席以上あれば、ネイリストの雇用も考える必要があります。

まあ、これは最初の事業計画の段階で決めておく事なんですけどね。

どうやって募集をかける?

本当にこれ!なんです。

今、ネイリストの募集を掛けてもなかなか来てくれないんです。

残念ながら。

大手の求人雑誌に載せても問い合わせすらありません。

それもかなりのお金が必要なんですよね~。

求人にもお金が掛かります。

でも大丈夫です。

今はインターネットがあります。

インターネットを使えばそれほどお金を掛けずに

募集を掛ける事が出来るんです。

ブログで募集

これはお金は掛かりませんね。

即効性はありませんが・・・

やり方は簡単です。

自分のお店のブログを立ち上げて

常に表示される部分に求人広告を貼っておけば良いのです。

求人広告と言ってもブログの記事へのリンクなんですけどね。

求人専用の記事を1記事書いて

そこへのリンクを貼っておくだけ。

求人内容は、自分で書けばOK。

給料額や、休みの日数、交通費、営業時間、電話番号、などですね。

もし、人を雇うのであれば掲載だけはしておきましょう。

募集を終了する時は、その記事を消してしまえばいいんです。

ブログなら無料で出来ますよ~。

SNSで呼びかけ

SNSも難しい部分はありますが・・・

自分のお店専用のアカウントを作成します。

そこに求人情報をUPするだけ。

もちろん、フォロワーがいなければ誰にも見て貰えませんけどね・・・

ヤフーに求人広告を掲載する

インターネットを使った事がある人で知らない人はいないと思います。

あのYAHOOです。

あのYAHOOに求人広告を出すのです。

お金は多少掛かりますが、即効性はあります。

すぐにネイリストが必要な場合は

YAHOO広告は強力なツールになります。

広告料ですが

ざっくりと言いますと

1回クリックして数十円という感じです。

例えば、1クリック10円の広告料金だとします。

100回クリックされれば1000円の広告料が発生します。

仕組みさえ覚えてしまえば

自分でどんな広告でも出せるようになります。

もちろん、新規客の集客ツールとしても使えます。


ネイルサロン開業前のおすすめ【ネイル用品&設備の仕入れ先】~安い問屋を見つけました。

ネイルソファー

ネイルサロン開業~ネイル用品&設備の仕入れ

最初は、それなりにお金が掛かりますよね~。

ネイル用品や設備を一式揃えるとなると。

ここでは、私がネイルサロンを開業する前に

ネイル用品やネイル設備を仕入れた卸し問屋さんをご紹介させて頂きます。

参考までに。

ネイル設備

ネイルソファーや、ネイルテーブル、といった設備類ですね。

最もお金が掛かるのではないでしょうか?

私は、お客さんに出来るだけゆっくりサロン内で過ごして貰いたいと考え

全席リクライニングソファーを導入しました。

ネイルソファー
最もお金を掛けた部分ですね。

だって、お客さんが1時間以上座ることになるソファーですからね。

居心地、座り心地、だけは良くしたかったんです。

そして、ネイルサロン専用のリクライニングソファーなのですが

やっぱりそれなりのお値段になりますよね~。

色々と調べた結果

美容用品大手の「ビューティガレージ」

ソファーに辿り着きました。

値段もかなり安いと思います。

作りもしっかりとしています。

一応、業務用サロン対応型なのでよく考えられていると思いますよー。

ちなみにニトリなどでも見てみましたが

「業務用として使う場合、保証は付きません。」

とのことでした。

作りも微妙だったので、まあ、しょうがないかな~と。

ネイルテーブルも安くて良いモノが多いですよー。

ネイルテーブル

ホットペッパービューティーに広告を出すという危険な行為!

ホットペッパー

ホットペッパー

ホットペッパービューティーは地獄の入り口

本当にこれね!

絶対に上手くいかない。

失敗する。

特に小さな個人経営のネイルサロンは。

大手のお金を持っているようなネイルサロンなら良いと思うけど。

そもそも集客力が無い。

そりゃ~、10年前だったら良かったかも。

ネイルサロンも今ほど乱立していなかったから。

でも・・・

現在。

物凄い数のネイルサロンがある。

そこで皆、競争している。

特にホットペッパービューティー内の争いは激しい。

どこも同じ様なクーポン。

同じ様なサービス内容。

同じ様な低価格。

同じ様なネイルアートの写真。

お客さん側からしたらどこも同じようにしか見えない。

で、お客さんはとりあえず

広告面が大きなネイルサロンに行く。

または、値段が一番安いネイルサロンに行く。

このどちらか。

中途半端な広告内容ではダメなのだ。

高額な掲載料

1/4ページで約20万円。

地域によってはもっと高い広告掲載料だ。

更に、年間契約しなければ、もっと高い!

値段が高いわりに

お客さんは来ない!

来ても質の悪いお客さん。

リピーターにならない人ばかり。

まあ、ホットペッパー自体

若い層を狙っているので仕方がないのかな~。

結局、20代前半のお客さんをターゲットにしていてはダメと言う事。

若いお客さんは、定着しない。

更にお金にならない。

更に!

注文も多い、わがまま、時間通り来ない。

⇒ホットペッパーの営業の人はちょっと信用出来ないな~。

ターゲットを30代以上に絞る事。

これ大事ですね。

ネイルサロンがターゲットとする客層。

やはり大人の女性が良いです。

むしろ、ここの層を掴む事が出来れば

サロンは安定してきます。

その代わりちゃんとしたサービスを提供しなければいけません。

もう、ホットペッパービューティーを見ている様な客層は捨ててしまった方がいいですよ。

住宅街にある小さなネイルサロンって実は意外と儲けているんですよー。

特に自宅ネイルサロン。

有りますよね~。

看板だけ出して営業しているネイルサロンです。

自宅の一角をネイルサロンとして営業しているんです。

利益率100%です。

もちろん、自宅なので住宅ローン、もしくは家賃は必要だと思います。

が!

それは、別として考えてみましょう。

1日に2人のお客さんが来たとしましょう。

1人単価6000円。

2人で12000円の売り上げです。

材料費なんて、たかが知れています。

ほぼ、利益です。

この様なサロンは、ホットペッパーに広告を出していません。

地道に顧客を増やしていくんです。

この様なサロンは、1度顧客が定着すると逃げにくいという性質があるんですよね。

なぜか?

それは、お客さんとスタッフという関係性以上のモノになるからです。

お客さんは慣れてしまえば、この様なお店は行きやすく、通いやすいんです。

もちろん、最初の1回目は勇気がいると思います。お客さんとしては。

でも、一度行けばなぜか行きやすくなるんですよね~。不思議と。

この

「通いやすさ、行きやすさ」

って凄く大切な事なんです。

【ホットペッパービューティー】に広告を出すとジリ貧になる!ネイルサロン経営者は考えるべき事!

ホットペッパーの営業

ホットペッパーの営業

ホットペッパーの営業人を信用するな!

昔は、ホットペッパーに広告を出していました。

そりゃ~営業の人は、いい事ばかり言いますよ~。

「ドンドン集客出来ますよ~。」

「集客のお手伝いさせて下さい!」

「上のプランにしてみませんか~?」

「私の担当ネイルサロンの中で一番の集客でしたよ~。」

なんて事を色々と。

そりゃ~営業さんなので それはそう言いますよね~。

分かります。

分かります。

それが仕事ですからね~。

でもお客さんは思っている以上に来ていませんよ。

アドバイス通りに広告文、写真を掲載してもダメー。

なぜなら?

他のネイルサロンも同じ様な感じになってしまうから。

なら独自性を出していこう!と言う事になりますが・・・

それもダメ。

なぜなら、そもそもホットペッパーを見ている人の客層が

値段重視型だから。

結局、安い一番値段が安いサロンに流れる。

お客さんが若いんです。

自分もそうだったように20代前半の頃って

まあ、なんていうか、そんな感じでしたよね。

最悪な事が!

で、ホットペッパーの営業の人。

なんと!

他のネイルサロンの情報をバンバン教えてくれるんです。

ありがたい!と思いますよね。

でも、それって・・・

自分のお店の情報も流してるって事ですよね?

恐ろしい。

情報が筒抜け状態。

守秘義務的な事は無いのでしょうか?

本当に、口の軽い営業の人って信用出来ません。

そんな事もあり、もう、ホットペッパーには広告は出しません。

お金のムダだと思っています。

じり貧

本当にホットペッパーに広告をだしても

ジリ貧状態になりますよ。

これは、どこのネイルサロンオーナーさんに聞いても同じ様な事を言うと思います。

でも、ホットペッパーから撤退できずに苦しんでいるんですよね~。

可愛そうですが・・・

ネイルサロンの内装費用っていくら必要?

6a0eb590aa3a6fb1516cfc8a8fde3784_s

ネイルサロンの内装にお金を掛けてはダメ!

これは私の経験の話です。

やはり最初は内装に

とにかくこだわろうとします。

豪華に!お洒落に!

しかし!

正直、お客さんはネイルサロンの内装なんて

ほとんど気にもしていない事に気付いたのです。

ネイリストが思っている程、本当にお客さんは気にしていませんよ~。

まあ、それなりにしていればOKなんです。

あとは清潔にしておく事ですね。

これでALL OKです。

ですので、内装費にお金を掛けてはダメなんです。

勿体ないです。

また、店舗物件の場合

原状復帰という条件が付きます。

こだわりの内装をする為に

壁を壊したり

天井をぶち抜いたり

床を変えたり。

ダメですよー。

最悪、お店をたたまなければいけない場合

お金がないのに

原状復帰費用まで請求されます。

それも保証金以上のお金を請求される場合だってあります。

元の状態に戻すと言う事は

お金が掛かるんです。

ですから、出来るだけ

元の状態を保ちつつ、

工夫してサロンの内装を作っていきましょう。

照明とカーテン、大き目の観葉植物、を飾ればどうにかなります。

ネイルサロンの見た目にこだわりたければ・・・

ちゃんと儲かってからでいいんです。

利益も出ないうちに内装にお金を掛け過ぎてはダメです。

内装はお金を生みません。

そんなモノに多くのお金を遣うくらいなら

運転資金として残しておいたほうが良いですよ。

ネイルサロンの経営が上手くいかない人って、

見栄を張り過ぎて最初にドカ~ンとお金を遣ってしまう傾向が強い様に思えます。

本当に、そこは儲かってからやりましょう~って感じです。

ネイル用品を安く仕入れたければこちら。
ネイル設備安い

【ネイリストを簡単に雇うな!ネイリストを雇う時の注意点

ネイリストを雇う時の注意点

お店の規模がそれなりに大きくなると

ネイリストを雇う事になりますよね~。

でも

簡単に雇ってはダメですよ。

どんなに人手が欲しくても

すぐに判断をしてはダメです。

1人でも「ダメなネイリスト」を雇ってしまうと

お店はすぐに下降線をたどる事になるからです。

正直、ネイリストという人種は独特です。

現在、あなたがネイリストなら分かると思います。

ネイルサロンのオーナーさんにしても 昔は、どこかのネイルサロンで雇われていましたよね?

本音としてネイリストの質はピンキリです。

技術は別として

人間性、もしくは社会性に問題がある人が多い業界です。

綺麗事だけではなく。

軽~い気持ちでネイリストをしている方も多いですよね。

夜の仕事+ネイリスト というパターン。

多いですよね。

それが決して悪いという訳ではないのですが・・・

まあ、そのような方達が普段、どのような人間と関わっているか想像がつきます。

人間は、関わっている人間と同じレベルで生活しています。

この様な人間を雇ってしまうと後々面倒を起こしてしまう確率が高い様に思えます。

これは私の経験上ですが。

本音です。

ギャル系、キャバ系、のネイリストを雇うと危険です。

(もちろん、良いネイリストもいますが、絶対数が少ないですね。)

ネイルサロンの経営を長続きさせるには

ネイリストの質を上げる事です。

ネイルサロンは究極に近い接客業です。

近い距離で、対面接客、更に直接お客様に触れる仕事です。

お客さんが不快に思うような、格好、言葉遣い、態度、を出すような人間を雇ってしまっては

一瞬にしてお店は崩壊します。

これだけ多くのネイルサロンが乱立している時代です。

お客さんは、すぐに別のサロンに移ってしまいます。

急激な店舗拡大は超危険

質の良いネイリストが揃わないうちに

店舗数を増やすという行為は危険です。

特にネイルサロンは。

なんと言ってもネイリスト次第で成功するか、失敗するか、決まります。

ネイリスト自身が看板メニューなのです。

飲食店とは全く違います。

飲食店は、誰が作ってもある程度同じように出来ます。料理は。
(チェーン店はどこで食べても同じ味です。飲食店の場合、接客サービスが重要ですね。味なんてどこで食べても美味しいですよ。)

ネイルサロンの場合、稼げるネイリストが育たないうちに

店舗を広げようと思っても無理があるのです。

時間は掛かりますが

店舗拡大を狙うならしっかりとネイリストを育てなければいけません。

更には、しっかりと報酬を与えなければいけません。

責任だけ負わせて

給料は低いままなんて事をしていては絶対にダメです。

責任を負ってもらう代わりに、報酬で応えましょう。

そうしなければせっかく育った人材が去っていきます。

何だかんだ言っても「お金」です。

自分が雇われていた時の事を考えれば分かると思います。

ネイル用品を安く仕入れたければこちら。
ネイル設備安い

ネイルサロンの事業計画書

ネイルサロン事業計画書

ネイルサロン開業 事業計画書

どんな金融機関でも

お金を借りる際

審査が必要になります。

今までの経験、経歴、自己資金、計画性などが審査の対象になります。

その時に必要になるモノ。

それが

「事業計画書」です。

まあ、そんなに難しく考える必要はありません。

あくまでも

ネイルサロンを開業して

今後、どうしていきたいか?

と言う事を正直に書いていく計画書です。

やっぱり

計画を立てなければ経営は成り立ちませんよね。

・売上予想はいくらだとか。

・毎月の経費はいくらぐらい掛かるとか。

・返済は、毎月いくらだとか。

・何人のネイリストを雇ってサロン運営をしていくだとか。

・ネイル用品はどこで仕入れるだとか?

まあ、こんな感じの事を細かく計画していきます。

面倒かもしれませんが、必要な事です。

お金を貸すほうとしても

何の計画性も無い人にお金は貸せませんよね?

ですので、事業計画書は必須です。

日本政策金融公庫からネイルサロンの開業資金を借りる際にも

必ず提出する必要があります。

事業計画書の書き方

今は、事業計画書の書き方が詳しく説明されている書籍が販売されています。

まあ、でも書籍を見ても

逆に

ちょっと難しく感じてしまうかもしれませんね。

(事業計画書を上手に書く事が目的ではなく、

金融機関側に納得して貰う事が重要なんですよね~。

資金を借りる際は・・・)

そんな方には、ネイルサロン専用の事業計画書フォーマットがあります。

こちらのサイトからダウンロードできますよー。
ネイルサロン開業~事業計画書

私はこのサンプルフォーマットを参考にして

事業計画書を書きあげました。

事業計画書に書くべき事が網羅されているので

後は、自分自身の情報を書き込んでいくだけですね。

参考までに。

サンプルフォーマットの値段は、1000円ぐらいですね。


ネイルサロンの集客方法

ネイルサロン集客

ネイルサロンの集客方法!

どんな商売でもそうだと思いますが

やっぱりお客さんが沢山来てくれれば

ちゃんと儲かります。

では、どうすればお客さんが来てくれるのでしょうか?

知ってもらう事

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

まずは、お店の存在を知ってもらう事が第一段階です。

認知ですね。

どんなに綺麗で

素晴らしいネイルサロンを作っても

誰も知らなければ

この世に存在しないのと同じ事です。

芸能人もそうですよね~。

特にバラエティータレントさん。

名前を知って貰えば売れ続ける事が出来ます。

世間に知ってもらうために色々なメディアに出る必要があります。

頑張っていますよね~。

まあ、浮き沈みは激しいですが。

ネイルサロンも同じです。

世の中には数多くのネイルサロンが存在しています。

どこもしのぎを削って競争しています。

ネイルサロンを開業したての頃は

その競争にも参加する事が出来ません。

なぜなら、そのレベルに達していないからです。

今、ネイルサロンの競争は激化しています。

ネイル

どうすればお客さんを沢山集める事が出来るのか?

それは、とにかく集客活動をする事です。

これしかありません。

何もしないでお客さんが来るお店なんて

ほぼ存在しません。

特に「隠れ家的サロン」をウリにして出店したネイルサロンは軒並み潰れていっています。

隠れていてはダメなんです。

ネイルサロンの集客方法

f0d8361af774f3cfe9252d8968d911d4_s

集客方法は色々あります。

ここでは

出来るだけお金を掛けずに

お客さんを集める方法をご紹介させて頂きます。

こちらのページでまとめてご紹介させて頂きます。

243026