ホットペッパービューティーに広告を出すという危険な行為!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホットペッパー

ホットペッパー

ホットペッパービューティーは地獄の入り口

本当にこれね!

絶対に上手くいかない。

失敗する。

特に小さな個人経営のネイルサロンは。

大手のお金を持っているようなネイルサロンなら良いと思うけど。

そもそも集客力が無い。

そりゃ~、10年前だったら良かったかも。

ネイルサロンも今ほど乱立していなかったから。

でも・・・

現在。

物凄い数のネイルサロンがある。

そこで皆、競争している。

特にホットペッパービューティー内の争いは激しい。

どこも同じ様なクーポン。

同じ様なサービス内容。

同じ様な低価格。

同じ様なネイルアートの写真。

お客さん側からしたらどこも同じようにしか見えない。

で、お客さんはとりあえず

広告面が大きなネイルサロンに行く。

または、値段が一番安いネイルサロンに行く。

このどちらか。

中途半端な広告内容ではダメなのだ。

高額な掲載料

1/4ページで約20万円。

地域によってはもっと高い広告掲載料だ。

更に、年間契約しなければ、もっと高い!

値段が高いわりに

お客さんは来ない!

来ても質の悪いお客さん。

リピーターにならない人ばかり。

まあ、ホットペッパー自体

若い層を狙っているので仕方がないのかな~。

結局、20代前半のお客さんをターゲットにしていてはダメと言う事。

若いお客さんは、定着しない。

更にお金にならない。

更に!

注文も多い、わがまま、時間通り来ない。

⇒ホットペッパーの営業の人はちょっと信用出来ないな~。

ターゲットを30代以上に絞る事。

これ大事ですね。

ネイルサロンがターゲットとする客層。

やはり大人の女性が良いです。

むしろ、ここの層を掴む事が出来れば

サロンは安定してきます。

その代わりちゃんとしたサービスを提供しなければいけません。

もう、ホットペッパービューティーを見ている様な客層は捨ててしまった方がいいですよ。

住宅街にある小さなネイルサロンって実は意外と儲けているんですよー。

特に自宅ネイルサロン。

有りますよね~。

看板だけ出して営業しているネイルサロンです。

自宅の一角をネイルサロンとして営業しているんです。

利益率100%です。

もちろん、自宅なので住宅ローン、もしくは家賃は必要だと思います。

が!

それは、別として考えてみましょう。

1日に2人のお客さんが来たとしましょう。

1人単価6000円。

2人で12000円の売り上げです。

材料費なんて、たかが知れています。

ほぼ、利益です。

この様なサロンは、ホットペッパーに広告を出していません。

地道に顧客を増やしていくんです。

この様なサロンは、1度顧客が定着すると逃げにくいという性質があるんですよね。

なぜか?

それは、お客さんとスタッフという関係性以上のモノになるからです。

お客さんは慣れてしまえば、この様なお店は行きやすく、通いやすいんです。

もちろん、最初の1回目は勇気がいると思います。お客さんとしては。

でも、一度行けばなぜか行きやすくなるんですよね~。不思議と。

この

「通いやすさ、行きやすさ」

って凄く大切な事なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*