ネイルサロン開業資金の集め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ネイルサロン

ネイルサロン

ネイルサロンの開業資金

最初の壁。

それはやっぱり お金 ですよね~。

 

資金さえあればネイルサロンを出す事は簡単なのですが・・・

でも、そんなに多くのお金を持っているネイリストさんっていませんよね?

スポンサーでもいない限り・・・

 

後は、仲良くしているどこかの会社の社長さんが出資してくれるとか?

まあ、でもそういうのって

のちのち問題が起きるので止めたほうがいいのかな~と思います。

 

男の人がお金を出すのって、下心があったりしますからね。

それを上手にあしらえる才能がある人でしたら

それはそれでOKだと思います。

同じお金なので。

 

また

お店の権利の事や

儲かった時の分配で揉める事もあるみたいですね。

後は、お店が閉店する時の責任の取り方等・・・

 

共同経営的?になるので

やっぱり面倒な感じがします。

 

 

お金を借りるなら国の機関で!

ほぼ100%銀行はお金を貸してくれませんよー。

貸してくれる時は

お店が上手くいって資金が余っている時だけなんです。

不思議ですね。

お金が余っている時にお金を貸されてもって感じなのですが。

まあ、銀行とはそういうモノです。

 

回収が確実に出来そうな人、企業、お店、にしかお金は貸しませんよね。

自分が銀行の立場になれば分かると思います。

何の信用も無い人にお金を貸せますか?

超貧乏な人にお金を貸せますか?

貸せませんよね~。

そういう事です。

 

でも、事業を起こすとなるとそれなりにお金が必要になります。

ですので

新規創業の時は国の公庫を利用しましょう~。

金利も恐ろしく低いですよ。

年利2%  ぐらいです。

100万円借りて

1年間に2万円の利子が付くだけです。

 

500万円借りても

年間に10万円の利子。

 

これは、銀行やカードローンに比べて超超低金利なんですよー。

銀行やカードローンなら10%~15%ぐらいですからね~。
(銀行、カードローン、の会社によって多少の違いはあります。後は借りる額によっても金利は変わってきます。)

ネイルサロンの開業資金は少なくて済む!

ネイルサロンを開業する場合、

他の業種に比べて開業資金は少なくて済みます。

これは本当にありがたい事です。

 

初期投資が少なくて開業出来る業種は限られていますからね~。

 

特にネイルサロンは始め易いと思いますよ。

 

お店の規模にもよりますが

小さいマンションの一室型サロンだったら

初期投資、数十万円で始める事が出来ます。

 

席数が5席程の店舗型でも300万円もあれば開業出来るでしょう。

店舗型の場合

家賃は、15万円以下です。

出来れば10万円以下。

この家賃は後々、響いてきますので立地条件と家賃。

よ~く考えてから借りる事をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*