ネイルの材料費は10%以下に抑えなきゃ利益なんて出ません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

材料費は低く抑えるように努力しています。

 

ネイルサロン経営で、

 

材料費率の圧縮はとても重要ですよねー。

 

 

特にジェルネイルは!

 

 

まあ~、値段が高い。

 

 

たった数グラムしか入っていないのに、

 

何千円もしますからね~。

 

今、うちのお店ではほとんど使っていませんが、

 

バイオジェルなんて恐ろしい値段です。

 

 

あれって、

 

バイオジェルの会社がめっちゃ儲かっているんでしょうね~。

 

 

 

 

 

ネイルの材料費を低く抑える方法はあるのか?

 

ではどうやってネイルの材料費を圧縮する事が出来るのか。

 

 

これは、とにかく安いネイル問屋さんを探すしかないですね。

 

 

それ以外、どうしようもありませんからね。

 

 

私のお店では、

 

1つの商品を仕入れるのに5つのネイル用品通販サイトで値段と送料チェックをします。

 

■参考~おすすめの安いネイル卸問屋さん~一覧

 

 

 

 

本当に面倒くさいですよ。

 

でもこの地味な作業をすることにより、

 

材料費を売上の10%以下に抑える事が出来ますからね~。

 

 

調子が良いときは、7%以下になる事もあります。

 

まあこれは、ネイル用品卸問屋さんがSALEをしている時ぐらいですけどね。

 

 

 

 

在庫チェックと材料の持ち帰りはNG

 

お店では、ネイル材料の在庫チェックは必ず行っています。

 

特にジェルネイルの減りが早すぎると気になりますね。

 

ジェルネイルが減っているのに、

 

売上が上がっていないという事は、

 

どこかで無駄が発生しているという事ですからね。

 

 

まあ、そこまでネイリストに細かくは言いませんが、

 

「材料は大切に使って下さい。」

 

とは言っています。

 

 

 

私がそれを言う事によって、

 

勝手に材料を持ち帰るネイリストもいませんね。

 

「オーナーは材料をチェックしているんだな~。」

 

って事を雇っているネイリストに認識させる為に。

 

 

 

やっぱりいるんですよね。

 

お店のネイル材料を家に持ち帰ってしまうネイリストって。

 

 

以前、そういう事があって問題になったんです。

 

それから細かくチェックするようになりました。

 

 

雇っているネイリストを信じていないわけではないのですが、

 

100%信じているとも言えません。

 

 

裏では、

 

「ケチなオーナーだな~。」

 

って言われているのでしょうが、

 

まあ、これは仕方がない事だと思います。

 

 

それぐらい引き締めないと、

 

ネイルサロン経営で利益なんて出ませんからね~。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*