【ネイリストを簡単に雇うな!ネイリストを雇う時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネイリストを雇う時の注意点

お店の規模がそれなりに大きくなると

ネイリストを雇う事になりますよね~。

でも

簡単に雇ってはダメですよ。

どんなに人手が欲しくても

すぐに判断をしてはダメです。

1人でも「ダメなネイリスト」を雇ってしまうと

お店はすぐに下降線をたどる事になるからです。

正直、ネイリストという人種は独特です。

現在、あなたがネイリストなら分かると思います。

ネイルサロンのオーナーさんにしても 昔は、どこかのネイルサロンで雇われていましたよね?

本音としてネイリストの質はピンキリです。

技術は別として

人間性、もしくは社会性に問題がある人が多い業界です。

綺麗事だけではなく。

軽~い気持ちでネイリストをしている方も多いですよね。

夜の仕事+ネイリスト というパターン。

多いですよね。

それが決して悪いという訳ではないのですが・・・

まあ、そのような方達が普段、どのような人間と関わっているか想像がつきます。

人間は、関わっている人間と同じレベルで生活しています。

この様な人間を雇ってしまうと後々面倒を起こしてしまう確率が高い様に思えます。

これは私の経験上ですが。

本音です。

ギャル系、キャバ系、のネイリストを雇うと危険です。

(もちろん、良いネイリストもいますが、絶対数が少ないですね。)

ネイルサロンの経営を長続きさせるには

ネイリストの質を上げる事です。

ネイルサロンは究極に近い接客業です。

近い距離で、対面接客、更に直接お客様に触れる仕事です。

お客さんが不快に思うような、格好、言葉遣い、態度、を出すような人間を雇ってしまっては

一瞬にしてお店は崩壊します。

これだけ多くのネイルサロンが乱立している時代です。

お客さんは、すぐに別のサロンに移ってしまいます。

急激な店舗拡大は超危険

質の良いネイリストが揃わないうちに

店舗数を増やすという行為は危険です。

特にネイルサロンは。

なんと言ってもネイリスト次第で成功するか、失敗するか、決まります。

ネイリスト自身が看板メニューなのです。

飲食店とは全く違います。

飲食店は、誰が作ってもある程度同じように出来ます。料理は。
(チェーン店はどこで食べても同じ味です。飲食店の場合、接客サービスが重要ですね。味なんてどこで食べても美味しいですよ。)

ネイルサロンの場合、稼げるネイリストが育たないうちに

店舗を広げようと思っても無理があるのです。

時間は掛かりますが

店舗拡大を狙うならしっかりとネイリストを育てなければいけません。

更には、しっかりと報酬を与えなければいけません。

責任だけ負わせて

給料は低いままなんて事をしていては絶対にダメです。

責任を負ってもらう代わりに、報酬で応えましょう。

そうしなければせっかく育った人材が去っていきます。

何だかんだ言っても「お金」です。

自分が雇われていた時の事を考えれば分かると思います。

ネイル用品を安く仕入れたければこちら。
ネイル設備安い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*